勇気ある決断を応援したい

勇気ある決断を応援したい|助産師の求人

社会人になってから助産師を目指す人が実はけっこういると聞いて驚きました。

 

助産師になるには専門の学校に入学してそれなりの費用と時間を要するだけに、そのような決断をした人はよほどの決意なのだと思います。

 

日頃ルーティンワークだけでへとへとになっている私からすると、その決意には頭が下がるとしかいいようがありません。

 

確かに助産師の資格は一度取得すると一生有効だし、やりがいもすごくあると思います。

 

その反面責任も大きくて、医療に携わる人でないと分からないような独特なプレッシャーもあることを考えると自分だったらきっとその世界への従事には足がすくむと思います。

 

ましてや職種は違えども数年は自分で築いてきたキャリアを捨てるとなると、そこへの未練なども断ち切らなければなりません。

 

しかし助産師はいろんな年代の患者を相手にしますので、年齢を重ねていることがネックになるとは限らないとも思います。

 

人間への理解力などはやはり年配の人にはかなわないことも多々あると思うからです。

 

いずれにしても前向きな気持ちでないとやはり社会人から助産師を目指すなどということはできないと思うので、勇気ある決断をした人たちを陰ながらですが応援したい気持ちでいっぱいです。